子供のわがままに悩んでませんか?解決する3つの方法

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供のわがままによる悩み

子供がわがままで自分の意見が通らないと

  • すぐ泣く
  • 奇声を上げる
  • 物を投げる

子供がわがまま時ってすごく大変ですよね。

あなたはこんな悩みを抱えていませんか? 

 

もしかしたら、わがままがこのままずっと変わらないのでは?

と先が思いやられます。

また、

  1. わが子は我慢ができないの?
  2. どこまでわがままを許せばいいの?
  3. どうしつければ良いの?

と、考え込んでしまうかもしれません。

スポンサーリンク


 子供がわがままになる原因

子供のわがままは成長の過程の1つです。

なぜなら赤ちゃんの時はわがままにしてくれなければ親は

何をしてあげればいいのか?

何を訴えているのか?

わかりませんでしたよね。

 

赤ちゃんの時期の様に、わがままが難なく通った時期がありました。

ですが成長するにつれ、保育園や幼稚園のような場所で社会性を身につける必要が出てきます。

そこで子供のわがままな主張と、それを通らないようにする親との戦いが始まります。

 

ここからが躾の始まりです。

親はこの時期に子供のわがままに手を焼きます。

ですが子供のわがまま自体は全く悪いことではありません。

ですが『わがまま放題だけでは気持ちよく生きていくことはできない』

ということを教える段階なだけなのです。

 

子供のわがままを解決する方法

  1. 我慢を教える
  2. 子供の考えを理解する
  3. 子供と信頼関係を築く

1.我慢を教える

子供のわがまま、つまり親から見てその要求は通らないよ、という時に子供に対して

『だめなものはだめ』

ということを 教え、躾ける必要があるのです。

 

何をもって『だめなものはだめ』と判断するかは親の価値観が大きく影響します。

他人の親がオーケーであっても自分の子供にはダメなことがあります。

ここに完全な正解というものはありません。

 

ですが親が心の底からダメだと思うものは決して通させてはいけません。

『だめなものはだめ』

これをしっかりと伝えるようにします。

 

2.子供の考えを理解する

子供の本心は意外と親でも分かっていないことが多いものです。

子供がわがままを言っている時に親は反射的に

駄目!

と言ってしまうことも多いですよね。

 

ですが子供の話をよく聞いていくと、

子供はただわがままを言っているのではない時もある、

という場面にも出会うことがあります。

 

ですので子供がわがままを言う=すぐ否定する、

のではなく 子供の本心はどこにあるのか?

というところをしっかりと理解できるまで子供の話をよく聞いてみる、ということをしてみてください。

 

子供との信頼関係を築く

子供の考えを理解できることに関係することですが、

  • 普段から信頼関係を築けてる
  • 子供とのコミュニケーションがとれている

であれば、供の考えも良く理解できます。

 

子供自体もお父さんお母さんが

『自分の話はいつだってちゃんと聞いてくれている』

と思えていればわがままを言うことも減っていくものです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 我慢を教える
  2. 子供の考えを理解する
  3. 子供と信頼関係を築く

子供のわがままは年齢によっても内容が大きく変わります。

上記の解決方法はどの年齢でも 該当するものです。

 

子供のわがままと親の躾は親子の信頼関係がどれだけ築けているか?

を試される場面でもあります。

あなたの信念に沿って子供のわがままに対処することがとても大切です。

是非、長期勝負と試してください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました