錦織圭ランキング最新は4位?全米2019優勝とツアーファイナルは?

Pocket

スポンサーリンク

2019年のグランドスラム大会も最後の全米オープンが始まりました。

現在活躍中の錦織圭選手が世界ランキング4位に戻る可能性とATPツアーファイナルズの出場できるか調べてみました。

スポンサーリンク

錦織圭が世界ランキング4位の時期

錦織圭選手が世界ランキング4位になった時が過去にありましたね。

2015年の3月2日時点でのATPツアー発表の時です。

 

錦織圭選手が4位時のトップ10ランキング

1位 ジョコビッチ  13165p

2位 フェデラー       9205p

3位 ナダル              5675p

4位 錦織圭              5415p

5位 マレー              5370p

6位 ラオニッチ       4980p

7位 ワウリンカ       4595p

8位 フェレール       4535p

9位 ベルディハ       4340p

10位 チリッチ        3450p

 

当時から次元離れした強さBIG4と呼ばれていたのが

ジョコビッチ、フェデラー、ナダル、マレー

の4人でした。

 

このBIG4の中に錦織圭選手は世界ランキングで入り込んで行ったのでとても衝撃的でした。

しかも3位のナダルに260p差しかありませんでした。

 

錦織圭が世界ランキング4位にアップした要因

もちろん2014年に全米オープンテニスで準優勝したことが大きな要因ですね。

同じ日本人選手でシングルスでトップ10入りしたことがあるのは現在引退していますが

伊達公子さんの4位と

杉山愛さんの8位です。

 

男子は女子に比べ選手層も厚いので、男子シングルスでトップ10に入るのはまさに偉業です。

錦織圭選手は2019年8月現在もトップ10をキープしているのでこれもすごいことですね。

 

スポンサーリンク


錦織圭が全米優勝したら最新ランキングはどうなるの?

もし2019年の全米オープンテニス大会で優勝した場合どうなるか調べてみました。

全米オープンテニスはグランドスラム大会ですので優勝獲得ポイントは2000pです。

 

錦織圭の最新ランキングは?

錦織圭選手の2019年8月26日現在のATPツアーランキングは7位です。

ですが、2週間前までの8月12日まではランキング5位に着いていたのです。

錦織圭選手が体調を崩して前の大会でポイントが稼げませんでした。

 

8月26日現在ATPランキングTOP10は?

1位 ジョコビッチ     11685p

2位 ナダル              7945p

3位  フェデラー         6950p

4位 ティエム             4925p

5位 メドベージェフ    4125p

6位 A・ズべレフ         4005p

7位 錦織圭                 4005p

8位 チチパス              3455p

9位 カチャノフ           2890p

10位 アグート            2575p

 

となっていますので、仮に全米で錦織圭選手が優勝した場合、

4005p+2000p=6005pとなります。

現在3位のフェデラーは6950pありますので全然届きません。

 

ですが、4位のティエムは4925pなので充分追い抜く可能性はあります。

ただ、ティエムが準優勝した場合はティエムに1200p入りますので

4925p+1200p=6125pとなりますのでこれも又4位に届きません。

 

錦織圭がランキング4位になるには?

結果、

錦織圭選手が全米で優勝した場合、決勝の相手が

ティエムなら5位

その他の選手なら4位

にランクアップするということになります。

 

もちろん錦織圭選手が全米決勝にたどり着くためには順当にいった場合、フェデラーやジョコビッチに勝たねばなりません。

特にジョコビッチにはここ数年勝ててないので非常に厳しいかもしれません。

 

ですが、ジョコビッチもどこかで負けるかもしれませんし、対戦したとしても勝負は何があるかわかりません。

諦めずに応援していきましょう!

ちなみにティエムも決勝に進出する為にはナダルに勝たねばなりませんね。

 

錦織圭ツアーファイナル最新レースランキングは?

ATPツアーファイナルズランキング

ATPツアーファイナルズの8月26日現在の錦織圭選手のランキングは8位。

6位 チチパス       3150p

7位 アグート       2340p

8位 錦織圭          2090p

9位 フォニーニ    1955p

10位 Aズべレフ   1940p

 

6位のチチパスには1000p以上の差がありますので、追い上げるのはちょっと厳しいかなという感じです。

10位のAズべレフとも150p差なので全く油断出来ません。

 

2019年の全米で錦織選手よりもランキング下位の選手が優勝した場合、8位の座も危ういのです。

なんとか7位以上をキープして今年も出場してほしいですね。

 

ATPツアーファイナルズ開催地変更

又、今年もATPツアーファイナルズの開催地は今年もロンドンですが、2020年で最後となります。

2021年から2025年までイタリアのトリノで開催することが決定しています。

日本での開催も候補に上がりましたが残念ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • 錦織圭選手が世界ランキング4位になった時は2015年の3月2日
  • 現在、錦織圭がランキング4位になるには全米2019優勝が必須条件
  • 決勝の相手がティエムなら5位、その他の選手なら4位が可能!
  • ツアーファイナルズは錦織選手7位以上キープして今年も出場がんばって!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました