スマホの見過ぎで目が痛い、簡単に出来る3つの対処方法とは?


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマホの見過ぎで目が痛い、原因と簡単に出来る3つの対処方法とは?

パソコンやスマホの普及に伴って眼精疲労の人が増えています。

目の痛みや頭痛不眠などの様々な症状は、多くの人を悩ませていますね。

パソコンやスマホを見ることをやめようと思っても、中々やめられないものですよね。

 

色々な情報を知りたい、調べたいという欲求からついつい夜遅くまで見てしまったり、スマホやパソコンをいじってしまいます。

これが眼精疲労が治らない原因となっているようです。

 

眼精疲労の原因

仕事はもちろんプライベートでもニュースも見てしまったり、年末であれば年賀状、会社でできなかった仕事を自宅に帰ってからパソコンで書類作成等をしてしまうということがあります。

家に帰ってもスマホやパソコンの液晶画面を見続けることによって目を疲れさせ、痛みを引き起こしているのです。

また、スマホやパソコンを見過ぎると目が疲れるとわかっていてもやめられないというのが現状であり、多くの人がそうです。

 

パソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労の症状

  • 目が痛くしばしばする
  • 頭痛がする
  • 肩こりが慢性的
  • 夜寝付けない
  • 寝てもすぐに目が覚めてしまう
  • 涙が出る
  • 目が赤くなる

上記の症状が多いですね。

また首を下に曲げてスマホなどを見るため首を曲げている時間が長いため、首周りの血流を悪くしてしまい、痛みやコリの症状が出ます。

 

また首が痛くなると同時に腰の方にも痛みが出てくるようです。

同じ姿勢をずっと続けているため体全体の血流も悪くなり、全身がだるさくなることがあります。

また人によってはパソコンやスマホを長時間見ているために気持ち悪くなり、吐いてしまうこともあります。

 

長時間パソコンやスマホをで明るい液晶画面を見ているせいで視界が暗くなると感じる人も多いようです。

まぶたが痙攣してピクピクし始める方も多いです。

そしてスマホ見過ぎは老眼(スマホ老眼)にもなりやすいという話もあります。

 

またスマホ歩きながら見ている『歩きスマホ』もあります。

これによって通行者とぶつかったり、信号無視や車との接触事故を起こっています。

車を運転するドライバーも走行しながらスマホを見る人もいるため、よそ見による交通事故も今後増えるかもしれません。

 

今後、取り締まりも徐々に増えていく方向へ向かっていくと思われます。

スマホを見ながら事故を起こした場合、相手に損害賠償を迫られることもありますので『ながらスマホ』は本当にやめなければなりません。

これは大将来大きな社会問題となるでしょう。

スポンサーリンク


パソコンやスマホによる目の疲れ眼精疲労を未然に防ぐ方法

1.パソコンやスマホの明るさの設定を変えること

明るすぎるとブルーライトは目に刺激を与えるため、この明るさを少し暗いと思える程度にさせることが効果的です。

今は何も対処ができない人は初めにやってみましょう。

 

2.目が痛くなってしまった場合には目を温める

お風呂に入り、目をあったかいタオルで目に当てて、温めると楽ですよ。

その時同時に目の周りを軽くマッサージしてあげると痛みの症状が軽くなります。

またお風呂から出た後、首の周りや腰のストレッチなどをすると肩こりなどが楽になりますので同時にやってみるといいですね。

3.1番良いのは見ないこと

スマホやパソコンをどうしても見てしまうことが多いですが、時間を決めたり、必要以外の時はスマホ、パソコンを近くに置かない、ことが目を疲れさせないための方法です。

 

どうしても目が痛い場合

眼科などの病院に受診し薬を処方してもらうこともときに必要になるかもしれません。

また市販の目薬などで目の潤いをなくさないようにしておくことも目を疲れを軽減させます。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、スマホやパソコンの見過ぎによる目の疲れの対処方法をご紹介しました。

  1. 画面の明るさを少し下げる
  2. お風呂で目を温める
  3. 時間を決めて見ない時間を作る

目が辛くなったときは1つでも良いのでお試しください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました