滝と紅葉を関東の群馬県で見るならココ!おすすめ穴場スポット3選!

季節イベント
Pocket

スポンサーリンク

群馬県で滝の穴場スポットをご紹介します。

2019年も紅葉の季節がやって来ましたね。

関東の群馬県で紅葉と滝を楽しむ穴場紅葉スポットがいくつか存在します。

 

10月中旬~10下旬頃から紅葉が見頃になり、例年は11上旬くらいまでがピークになります。

そこで10月中旬から群馬県で滝と紅葉の景色が見れるおすすめ穴場スポット3選をご紹介します。

尚、順番に優劣はありません。

スポンサーリンク

関東の群馬県で滝と紅葉を楽しむ穴場スポット3選をご紹介!

嫗仙の滝(おうせんのたき) 群馬県


嫗仙の滝は関東の草津温泉から南東に位置する、落差35メートルの滝です。

駐車場から滝までは徒歩で1時間程で紅葉の景色を楽しみながら行ける穴場スポットです。

 

滝までの道のりは案内看板がありますので、ほとんど迷うようなことは無いといえます。

足場はゴツゴツした場所や川の水で濡れているところも多くありますのでサンダルは論外ですね。

スニーカーや出来れば登山靴で行くことがおすすめです。

 

登山道をあまり歩いた経験の無い人には、それなりの準備となんとしても辿り着こうという覚悟のようなものも必要かもしれません。

又、滝の近くには『森の巨人たち百選』にも選ばれた『嫗仙の滝のカツラ』といカツラの木があります。


このカツラの木からは何か物凄いパワーみたいなものを感じさせます。

嫗仙の滝の壁面は川の流れと合わせるように岩肌がツルツルしていて、場所によって赤くなっているのが特徴です。

 

私はこのような滝を他に見たことがないので、かなり珍しく地球上の自然とは思えないと感じさせられる神秘的な滝だと思います。

滝を沢山見ているひとでもこの嫗仙の滝を見た人は、また一つ滝の魅力に取り込まれるのではないでしょうか。

 

嫗仙の滝の良いところ

滝までの間を紅葉の景色を眺めて楽しみながら行けるところですね。

案内看板もありますので比較的分かりやすい道のりになってます。

嫗仙の滝以外にも『嫗仙の滝のカツラ』も見れますので楽しみが多いところです。

 

なんと言っても嫗仙の滝の姿は神秘的で幻想的です。

ここは日本なの?

と思える程の滝の景色ですので、日常の喧騒を離れて心が癒されること間違いなしの滝ですよ。

 

嫗仙の滝のもう少しなところ

嫗仙の滝は滝壺周辺に休む場所がないのが、残念です。

しかし休む場所があれば滝の素晴らしさから、多くの人がその場に長い時間いることになると思います。

 

又、登山道に慣れていな人にはちょっとキツイ道のりですね。

登山に全く縁のない人が行った場合、辿り着く頃にはグッタリしてしまうかもしれません。

ですが仮にグッタリしても滝を見た瞬間に疲れは吹っ飛ぶとは思います。

 

嫗仙の滝の概要

高さ:35メートル

色づき始め:10月下旬

見頃:10月下旬~11月上旬

駐車場:あり

住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津

MAP

 

 

吹割の滝(ふきわりのたき)群馬県


吹割の滝は幅約30メートルあり、東洋のナイアガラとも言われています。

関東でも貴重な滝で国の天然記念物、名勝にも指定されてます。

 

滝のまわりに広がる紅葉の景色は他では中々見られない絶景になっていますね。

吹割の滝はかなり近くまで行って見れますので、水量が多い日は特に迫力満点の穴場スポットです。

 

マイナスイオンもたっぷり浴びれますので訪れた際には是非、近くまで行ってみましょう。

又、第1展望台から見る吹割の滝も紅葉と相まって絶景となります。

駐車場には岩魚の塩焼きを販売しており、美味しく頂けますよ。

 

吹割の滝の良いところ

なんと言っても迫力満点の滝です。

何度行ってもいいと思えるのは国の天然記念物であることや名勝に指定されているのには理由があるということですね。

 

1度行っても又行ってみようと思えるくらいの魅力的な滝ですね。

吹き割の滝ほどの水量が流れる滝も関東でも希少です。

 

吹割の滝のもう少しなところ

滝の水量が少ない時はちょっと迫力に欠けてしまうことがあります。

雪解け後の春先は水量が比較的多いシーズンですが雨の少ない時期に行くと物足りなさを感じる事もあり得ます。

 

ただ雨が沢山降ったあとでも、水が濁ってしまうのでこればかりは多少、運も必要かもしれません。

又、滝の水量によっては近づける距離の規制が変わり、少し遠くでしか見れないこともあるようです。

 

吹割の滝の概要

幅:30メートル

色づき始め:10月中旬

見頃:10月下旬~11月上旬

見るおすすめ場所:浮島橋

住所:群馬県沼田市利根町追貝

TEL:0278-56-2111 沼田市利根支所

アクセス:関越自動車道沼田I.Cから約25分

MAP

 

 

赤城不動大滝(あかぎふどうおおたき)群馬県


赤城不動大滝は高さ32メートルの赤城山南部に位置する滝の穴場スポットです。

駐車場(前不動駐車場)から徒歩で40分程の距離にあります。

途中、川を横切ったり、急な斜面や滑りやすい場所もあるので長靴や登山靴は必要ですね。

 

赤城不動大滝の良いところ

赤城不動大滝の魅力はなんと言っても関東赤城山の中で1番の大きな滝であることですね。

高さ32メートルから落ちる滝の水の音は大きく、迫力は文句なしです。

滝までの道のりも紅葉の時期でしたら綺麗に彩られた樹々を見ながら道中楽しめます。

 

赤城不動大滝のもう少しなところ

赤城不動大滝自体は全く悪いところはないのですが、駐車場から40分の道のりは登山道に慣れていない人にはちょっとキツイかもですね。

ですがたどり着けば、疲れを吹き飛ばすくらいの滝の景色が待っていますので頑張る価値はあると言えます。

 

赤城不動大滝の概要

高さ:32メートル

色づき始め:10月中旬

見頃:10月下旬~11月上旬

駐車場:無料あり

住所:群馬県前橋市粕川町室沢

TEL:027-285-4111 前橋市粕川支所

MAP

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


まとめ

群馬県の滝と紅葉を楽しむ穴場スポット3選は

  • 嫗仙の滝【おうせんのたき】
  • 吹割の滝【ふきわりのたき】
  • 赤城不動大滝【あかぎふどうおおたき】

の3つとなります。

 

どれを選んでも後悔の無しの穴場スポットです。

滝の特徴と紅葉の時期を選んで、お好みのスポットで楽しんで下さい。

きっと、行って良かったと思えるはずです。

 

※紅葉の見頃時期は毎年前後致します。

営業日等も含め事前にご確認願います。

情報が最新でない場合もありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました